聖霊なるお方

2011年12月4日の礼拝説教要約

説教題:御霊なるお方
聖書:ローマ人への手紙8:26

「御霊も同じようにして、弱い私たちを助けてくださいます。私たちは、どのように祈ったらよいかわからないのですが、御霊ご自身が、言いようもない深いうめきによって、私たちのためにとりなしてくださいます。」

1. 御子イエスなるお方の内におられた御霊

イエスの地上での生涯の誕生の初めから十字架と復活に至るまで、イエスは御霊なるお方の導きの中に歩まれました。

御霊の導きの中で洗礼の後、荒野に行かれて悪魔に試みを受けるためでした。

御霊は公の生涯に入る前にイエスが悪魔に対処しなければならないことを知っておられたのです。御霊は謙遜であるイエスの内に注がれて溢れました。そして悪魔の誘惑を退かせたのです。そして全人類に救いの道が開かれたのです。そしてキリストを死からよみがえらせたの方は御霊なのです(ローマ人への手紙8:11)

2. 弟子たちの内におられた御霊

弟子たちはイエスが十字架につけられる時にはイエスを捨てて逃げました。

復活のイエスにあって助け主である御霊が弟子たちに与えられることの約束を受け、

御霊が弟子たちに臨んでから彼らは全く変えられてキリストが救い主であったことを宣べ伝えて殉教して行きました。

弟子たちが御霊によって神の愛が注がれた時に弟子たちはイエスの十字架の死が私達全ての罪から解放するための贖いであったことを知ったのです。

弟子たちはこの良き知らせを全ての人に喜びをもって伝えたのです。

3. 私たちの内におられる御霊

御霊は弱い私たちを助けて下さるお方です。御霊は助け主として私たちに与えられています。

御霊は私達にイエスは主であり、キリストであることを証しして下さるのです(ヨハネ15:26)。イエスの十字架の身代わりの死を私達が信じる時に私たちは罪と死から解放されるのです。そして私たちも永遠の命に至る復活の命に預かるのです。

主を賛美しましょう。