「 あなたはありのままで愛されています。」

2021年4月28日の礼拝説教要約

「あなたはありのままで愛されています。」 堀内友幸                   2021年4月25日(日)礼拝メッセージ

聖書:ヨハネの福音書9章1節−7節

1 またイエスは道の途中で、生まれつきの盲人を見られた。
2 弟子たちは彼についてイエスに質問して言った。「先生。彼が盲目に生まれついたのは、だれが罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。」
3 イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現れるためです。
4 わたしたちは、わたしを遣わした方のわざを、昼の間に行わなければなりません。だれも働くことのできない夜が来ます。
5 わたしが世にいる間、わたしは世の光です。」
6 イエスは、こう言ってから、地面につばきをして、そのつばきで泥を作られた。そしてその泥を盲人の目に塗って言われた。
7 「行って、シロアム(訳して言えば、遣わされた者)の池で洗いなさい。」そこで、彼は行って、洗った。すると、見えるようになって、帰って行った。

一.イエスが生まれつきの盲人に目をとめられた。

この物語は主イエスが彼に目をとめられたところから始まった。

1.彼の生い立ち:生まれた時から目が見えなかった。

何故自分が目が見えないのか。

周りの人からも、家族からも「あなたは生まれてこなかったほうが良かった」と見捨てられてきた。

2.彼は神殿で礼拝することが許されなかった。

サムエル記第二の手紙5:8でエルサレム攻略の時に目の見えない人、足の悪い人は殺された。その時から神殿に目の見えない人と足の悪い人が入ることが出来ない習慣が出来た。と書かれてある。

ですから、彼は神殿で神を礼拝することも許されなかった。彼は、神様までも自分をお見捨てになったと思っていた。

3.彼の生きる目的:彼は何故、生まれて来たのか。生きる目的と意味が分からなかった。主イエスはその彼に目をとめられたのである。

主の目的があって彼は創られた。

万物は、御子によって造られ、御子のために造られたのです。コロサイ人への手紙1:16

二.弟子達の目線

1 精神障害者

精神障害者の人は「周りの人が自分をどのように思っているか」ということに大変敏感であり、すぐに気がつく。ある人が見下げて見ているならば、その人の手を払いのける。問題は見ている人にあるからである。

2 弟子達の質問

弟子達の質問自体が盲人の人格を無視した行為だった。

本人がイエスに聞く場合は、問題はないが、本人ではない第3者が、その盲人の前で、質問したことは彼を傷つけた。

「彼が盲目に生まれついたのは、誰が罪を犯したからですか。この人ですか。その両親ですか。」と質問した。

3 弟子達の誤解

その当時、病気などはその人の罪に対する神の刑罰と見ていた。

この盲人は先天的盲目であるから、彼が母の胎内にいる時に罪を犯したと考えることはあまりにも不合理であり、またのちに犯すべき罪を知って罰せられたとすればあまりにも残酷であり、また両親の罪によるものとすればあまりにも可哀想だからである。これが弟子達の質問となった理由であった。

(出エジプト記20:5)

「偶像を拝んではならない。それらに仕えてはならない。あなたの神、主であるわたしは、ねたむ神、わたしを憎む者には、父の咎を子に報い、三代、四代にまで及ぼし、6 わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである。」

これは十戒のみ言葉を説明している言葉である。

わたしを憎む者は、父の咎を子に報いるとは

父親が犯した偶像礼拝の罪の影響が家族全員子供達にも及ぶだけでなく、孫にも、ひ孫にも及ぶ程の罪であることを告げている。だから、子も偶像崇拝の罪の責任を問われるので、偶像礼拝の罪を悔い改めて、偶像を捨てなければならないことを告げている。

これは、生まれて来た子供の障害や病気を持っている場合の理由を説明した箇所ではないので、聖書の誤解も甚だしい弟子達の間違った考えであった。

弟子達の考えは因果応報の考え方で過去の出来事が現在に影響を及ぼしている考え方である。人間は未来を見ることが出来ないので、現実に起こった動機を過去に探した。

三.イエスのなされた事

1.その時の状況:

前の章で主イエスが安息日に神殿で礼拝を守り、群衆にご自身が神であることを示した時に、彼らは主イエスを石で打とうとしたので隠れて逃げてきた所であった。主イエスは群衆から隠れて逃げてきたにも関わらず、その帰り道で最初に生まれつきの盲人を見られた。イエスはどうして彼に目を止められたのであろうか。

イエスは盲人の苦しみと痛みと悲しみをご覧になられたのである。もしこの時を逃せば、もう二度と彼に会うことがない事を知っておられたからである。

2.イエスの答え

イエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現れるためです。」

目が見えない原因は過去の問題ではないと告げられた。目の見えない原因はこれから起こる事の為であることを告げられた。

主イエスは全人類の罪の身代わりとして十字架につけられ死にて葬られ、陰府に下り、三日目に甦って罪の赦しの宣告をなさった。

主イエス・キリストの十字架によって人類の全て呪いは消されて、全人類の罪は全く赦されて、神の業がこれから始まる事を宣言した。

3.イエスがなされたこと

6 イエスは、こう言ってから、地面につばきをして、そのつばきで泥を作られた。そしてその泥を盲人の目に塗って言われた。

人が唾をあなたにかけたならば、それはあなたを侮辱した意味になる。

イエスは 盲人の目の前で唾を地面に吐いて、その唾で泥を作られた。彼は目は見えないが、イエスがしていることは分かった。そして次に何をしたかとなれば、

その泥を彼の目に塗られた。

彼はイエスに侮辱されたと思ったのだろうか。

皆さんなら、そのようにイエスにされたらイエスに「なんでそんなことするのですか。汚いな。止めてください」と言わないだろうか。

彼はそこに座ったままじっとしていた。

なぜ彼は座ったままじっとしていたのか。

4.そしてイエスが言われたこと

「行って、シロアムの池で洗いなさい。」

この盲人はイエスにされるがまま、イエスの唾で泥を作ってまぶたに泥を塗られたまま、そこに座ったままでいた。

そしてシロアムの池に行って洗いなさいと言われた。

シロアムの池に行ったら何かが起こるのか。

シロアムの池に行けば癒されるよとイエスは言っていない。

シロアムの池に行って何になるか。

イエスがシロアムの池にまで連れて行ってくれるのではない。

自分でシロアムの池に行かなければならない。神殿のすぐ隣にあるベテスダの池ではなく、神殿から南の端にあったシロアムの池までは800mもあった。

その場所を知らなければ、人に聞かなければならない。

私達はお祈りしたら「すぐ聞かれた」「すぐ相手が変わった」という答えを求める。

お祈りしてもすぐに答えられない時にはどうするのか。諦めるのか。祈らないのか。

これをすることはどういう意味があるのか。

私達は行動を起こす前に結果を求める。結果が自分にとって自分の利益にならないことであるならば、従わない。

この盲人がシロアムの池に行かなかったら、神の業を見ることは出来なかった。

何故彼はイエスが言われたことに従ったのか。

彼の暗闇の人生の中で初めてイエスが語られた言葉が彼の心の目を開かせた。人生の生きる目的と意味を「神のわざがこの人に現れるため」という言葉の中に見出した。彼はどのようにしてシロアムの池に行ったのか。

彼は喜びつつ、感謝しつつ、期待を持ってシロアムの池に行った。何故ですか。「神のわざがこの人に現れるため」とのみ言葉をすでに信じたからである。

そして奇跡がなされた。目が見えるようになったのである。

5 あなたはありのままで主に愛されている。

あなたはそのまま赦されている。そのまま愛されている。

どんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から私たちを引き離すことはできません。ローマ8:39神の愛から私達を引き離すものは何もない。

主イエスがまず初めに彼に目をとめられた。

彼が主イエスに目をとめる前に主イエスが彼に目をとめられたのであれば、今日あなたが主イエスに目をとめる前に、主イエスがあなたに目をとめておられる事を知らなければならない。

不信仰の私をそのままを受け入れて下さる

いい時も喜ぶ。悪い時も喜ぶ。病気する時も感謝です。手術をした時も感謝です。

今までは病気をした自分を責めていた。主がありのままの自分を愛しておられることが分かった。

お前、そんな大病したのに、どうしてニコニコしておられるんだ。

ありのままで主に愛されていることが感謝なんです。

自分で自分を変えることができない。

いいじゃないですか。自分で自分を変えることができないから、主が変えてくださるのではないですか。主があなたをありのままで愛しておられるのですから。

*アンクル・トム

ハリエット・ビーチャー・ストウ夫人による『アンクル・トムの小屋』が刊行されたのは1852年。奴隷制度をめぐって起こったアメリカ南部と北部の争い、つまり南北戦争の直前だった。

『アンクル・トムの小屋』は、白人から奴隷として扱われ、 個人の尊厳を持てなかった黒人の、今まで描かれることのなかった”心”を描き、当時の人々の正義の鐘を鳴らし続けた感動的名作だった。

リンカーン大統領からストウ夫人に声をかけられた。発売された当時、かなりのベストセラーになり、人々の心を奴隷制廃止へと動かし、南北戦争のきっかけを作った本だと言われた

アンクルトムが奴隷に売られた時

シェルビー家に仕えていた黒人奴隷トムは、主人の息子ジョージから慕われて幸福な日々を送っていたが、そのシェルビー家が困窮したためにジョージと別れて売られていくことになる。売られていく途中、船で出会った白人少女のエヴァンジェリンを救ったことで仲良くなり、彼女に友達として愛される。しかし、その後にエヴァンジェリンは病死し、トムの理解者だったエヴァンジェリンの父も事故死してしまった。トムは奴隷に冷たかったエヴァンジェリンの母によって悪辣な農場主レグリーに売られてしまう。

奴隷の買主レグリーはアンクルトムが持って来たトランクケースを取り上げその場で彼のトランクケースの中にあったすべての服をそこで競売して売った。そしてその空になったトランクケースも売ってしまった。

その時にアンクルトムは主から声を聞いた

恐れるな、わたしがあなたを贖ったのだ。わたしはあなたの名を呼んだ。あなたはわたしのものだ。」(イザヤ43:1)

主人レグリーが収穫ノルマに達しなかった仲間の黒人女性を、アンクル・トムにムチで打てと命じた 。アンクル・トムは「それは、正しい行いではないから自分には出来ない」と断った。
すると主人はトムを怒鳴りつけた。「なんという奴だ。1200ドルでおれはお前を買ったのだから、お前はもう身も心もおれのものだ、言うことを聞け」。

アンクル・トムは、こう叫びました。
そうじゃない!そうじゃない!そうじゃない!私の魂はあなたのものではありません。ご主人様!私の体はあなたのものですが、あなたは私の魂まで買ってはいないのです!魂を買うことはできないのです!どんなことがあっても、どんなことがあっても、私の魂まで傷つけることは出来ないのです

主人レグリーは怒り狂い、他の二人の奴隷に命じてアンクル・トムを鞭打ちの刑にして彼を立ち上がる事が出来ないまで叩きのめした。数日後、アンクル・トムがなくなる直前に彼を買い戻しに駆けつけたジョージと再会し、そのジョージによって丁重に葬られていったのです。

私が生きている時にも、この地上を去る時にも私は主のものである

唯一の主の慰めである力をアンクル・トムは知って天に召されていった

恐れてはいけない。わたしはあなたの名を呼んだ。あなたはわたしのものだ。