イエス様の復活と日曜礼拝

2013年3月31日の礼拝説教要約

ルカによる福音書 24章28~35節

1、目が開かれる弟子

イエス様の復活の直後、イエス様と食事をし、素晴らしい力を頂いた弟子達がいます。

イエス様が復活された日、クレオパともう一人の弟子がエルサレムからエマオという村に向かって歩いていました。すると、復活のイエス様が二人に近づき、道々聖書を説き明かされたのです。

この復活の主によって与えられた聖書の説き明かしこそ、キリストの教会の礼拝における説教の始まりなのです。礼拝には欠かせられないものとなったのです。

この二人の弟子は復活のイエス様を、イエス様とは判らずに家に招きました。もう夕方になっていたからです。そして、この二人の弟子と復活のイエス様は食事の席に着きました。

ルカ24章30~31節

『彼らとともに食卓に着かれると、イエスはパンを取って祝福し、裂いて彼らに渡された。

それで、彼らの目が開かれ、イエスだとわかった。するとイエスは、彼らには見えなくなった。』

この時、二人の弟子はイエス様がなされた五千人の給食や、イエス様と共に食事をした場面を思い起こしたに違いありません。

この二人の弟子は復活のイエス様との食事によって、今まで自分たちに聖書の説き明かしをしてくれていたのが誰であったのか、初めて分かったのです。聖書はそのことを「二人の目が開け」と記しています。

この「目が開け」とは、まさに霊の目が開かれたということなのです。

* 復活のイエス様が自分と共におられることが分かったということなのです。

* この復活のイエス様との食事は、あの最後の晩餐の出来事と共に、私たちの聖餐のみなもととなりました。

この2つの聖句を見てみましょう。

ルカ24章30~31節

『彼らとともに食卓に着かれると、イエスはパンを取って祝福し、裂いて彼らに渡された。

それで、彼らの目が開かれ、イエスだとわかった。するとイエスは、彼らには見えなくなった。』

ルカ22章19節 【最後の晩餐の時】

『それから、パンを取り、感謝をささげてから、裂いて、弟子たちに与えて言われた。「これは、あなたがたのために与える、わたしのからだです。わたしを覚えてこれを行ないなさい。」』

* この2つの聖句はほとんど同じ言葉が用いられているのです。

* この二つの食事の記憶が、私達の聖餐の基となったことは間違いありません。

二人は

* イエス様が聖書を説き明かされたのを聞いた。

* 聖書を説き明かされた時に心が燃えた。

* この二人の弟子と一緒に食事をする。

* そして、二人の目が開かれ、復活のイエスさまが共におられることが分かった。

実に、これがキリストの教会の礼拝を形成するもととなったもです。

* つまり、聖書の説き明かしとしての説教と、

* 復活のイエス様と一緒に食事をする聖餐です。

* この二つがセットになっているのです。

聖書の説き明かしだけでは、この二人の目は開かれなかったのです。復活のイエス様と共に食事にする。このことによって彼らの目が開かれたのです。

もちろん、食事だけでもダメでしょう。先に聖書の説き明かしがされて、復活のイエス様との食事があって、目が開かれたのです。

【説教があり、聖餐式をもつ!まさに礼拝式です!】

2、聖餐とは、

第1コリント11章23~25節

『私は主から受けたことを、あなたがたに伝えたのです。すなわち、主イエスは、渡される夜、パンを取り、感謝をささげて後、それを裂き、こう言われました。「これはあなたがたのための、わたしのからだです。わたしを覚えて、これを行ないなさい。」夕食の後、杯をも同じようにして言われました。「この杯は、わたしの血による新しい契約です。これを飲むたびに、わたしを覚えて、これを行ないなさい。」』

* 聖餐式のたびに私達の罪の為に、裂かれた体、流された血潮、を思いおこし、

* それゆえに贖われた命、私達の救いに係わる出来事を再確認する事です。

* そして、この聖餐において、私達は復活のイエス様が自分と共におられることを味わい知るのです。

* 復活の体をもったイエス様は、復活の後四十日して天に昇られ、今も天の父なる神様の右におられます。

* しかし、イエス様は御自身の霊である聖霊を私達に注ぎ、信仰を与え、聖霊として私達と共にいて下さっています。そのことに、代々聖徒たちは聖餐に係わるたびに目を開かれ続けてきたのです。

もし、あなたが

* 「ああ!もうダメだ。」と思ってしまったら。

* 「もう、何もやる気がしない。どうせもう何をやってもムダだ。」

* 受験に失敗したり、

* 病気になったり、

* 仕事がうまくいかなかったり、

* 家庭の中でトラブルがあったり。

それはそれで、どれも深刻な問題です。

* 自分に非がない。

* 悪いことをしていない。

* 一生懸命やってきた。

* なのにこの結果はどういうことなのか。もうイヤだ。もうダメだ!と思ってしまう!

* それはあなたの見通し、

* あなたの夢、

* あなたの希望が破れただけであって、何もダメではない。

* あなたの思いを超えた神様の計画があり、

* 神様の御心があり、

* 神様の御業がある。それは、あなたの希望とは違うかもしれない。しかし、神様の御業は止まることなく前進しているのです。

エマオの途上のこの二人の弟子は、イエス様に対して、「ローマ帝国からイスラエルを解放してくれるのはこの人だ。」との希望を持っていた。しかしそれは、イエス様の十字架の死によって終わってしまった。

彼らの希望、見通し、夢、は跡形も無く砕かれたのです。しかし、イエス様は復活され、この二人の弟子の考えとは全く違う、神様の救いの御業を示されました。

【それがイエス様の復活です。】

彼らは自分の見通しとは全く違った、イエス様の復活の証人として立てられ、全世界に神様による希望を告げる者とされたのです。

私達はこのイエス様の復活を信じて聖餐にかかわるたびに、自分の思いを超えた次の展開があることを信じる者とされるのです。

さて、この二人の弟子は食事の時、目が開かれて、復活の主イエスと出会いました。それからこの二人はどうしたでしょうか。

3、恵みの共有

自分たちの中にだけ、この大いなる喜びの出来事をしまいこんでいたでしょうか。そうではありませんでした。

彼らは、

24章33節

『すぐさまふたりは立って、エルサレムに戻ってみると、』

イエス様が復活されたという驚くべき恵み、溢れ出ている素晴らしい喜びと感動を、他の弟子たちに知らせる為でした。

そして、エルサレムに戻ってみると、

* 既に使徒たちが集まっており、イエス様が復活されて、シモン・ペテロに現れたと言っていたのです。

* この二人の弟子も、自分たちの上に起きたことを話しました。

* 道を歩いていると復活のイエス様が近づかれて聖書の解き証しをしてくれたこと。

* その時心が燃えたこと。

* しかし、それがイエス様とは判らなかったこと。しかし、一緒に食事をするとイエス様であることが判ったこと。

* しかし、その姿は見えなくなったこと。

このようにイエス様の弟子達は、自分の身の上に起きた復活のイエス様との出会いの出来事を語り合い、その体験を共有する群れとなったのです。

* 自分だけの経験ではない。

* この方もあの友も、同じイエス様の復活の出来事にかかわっていた。

* その恵みの経験を皆で共有したのです。

* この証言の共有、

* 神様の救いの御業の共有、

初代キリストの教会が最初にしたことです。

そして、この証言の共有は、今も続いています。説教と聖餐により、私達はこの主の日の礼拝に集うたびごとに、イエス様による救いの恵みに共にあずかり、それを共有しているのです。そして、そのことにより

* イエス様が今も生きて働き、

* 私達と共にいてくださることを知らされ、

* 心に刻みましょう!

この幸いを覚えつつ、復活の命と力が与えられていることを確信し進んで行きましょう!