わたしに従いなさい

2013年2月10日の礼拝説教要約
説教動画Part1[YoutubeFancyZoom=HhuDfvD9Qg0] 説教動画Part2[YoutubeFancyZoom=gUDsXpLH3Kw]
※視聴したい画像をクリックすると別ウィンドウで動画が表示されます

ヨハネの福音書21:15-22

15 彼らが食事を済ませたとき、イエスはシモン・ペテロに言われた。「ヨハネの子シモンあなたは、この人たち以上に、わたしを愛しますか。」ペテロはイエスに言った。「はい。主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」イエスは彼に言われた。「わたしの小羊を飼いなさい。」

16 イエスは再び彼に言われた。「ヨハネの子シモンあなたはわたしを愛しますか。」ペテロはイエスに言った。「はい。主よ。私があなたを愛することは、あなたがご存じです。」イエスは彼に言われた。「わたしの羊を牧しなさい。」

17 イエスは三度ペテロに言われた。「ヨハネの子シモンあなたはわたしを愛しますか。」ペテロは、イエスが三度「あなたはわたしを愛しますか。」と言われたので、心を痛めてイエスに言った。「主よ。あなたはいっさいのことをご存じですあなたは、私があなたを愛することを知っておいでになります。」イエスは彼に言われた。「わたしの羊を飼いなさい

18 まことに、まことに、あなたに告げます。あなたは若かった時には、自分で帯を締めて、自分の歩きたい所を歩きました。しかし年をとると、あなたは自分の手を伸ばし、ほかの人があなたに帯をさせて、あなたの行きたくない所に連れて行きます。」

19 これは、ペテロがどのような死に方をして、神の栄光を現わすかを示して、言われたことであった。こうお話しになってから、ペテロに言われた。「わたしに従いなさい。」

20 ペテロは振り向いて、イエスが愛された弟子があとについて来るのを見た。この弟子はあの晩餐のとき、イエスの右側にいて、「主よ。あなたを裏切る者はだれですか。」と言った者である。21 ペテロは彼を見て、イエスに言った。「主よ。この人はどうですか。」

22 イエスはペテロに言われた。「わたしの来るまで彼が生きながらえるのをわたしが望むとしても、それがあなたに何のかかわりがありますかあなたは、わたしに従いなさい

 

イエスが復活した後、弟子たちにガリラヤ湖であった時に、イエスは弟子であるペテロに対して一言もペテロが自分を捨てて逃げたことを責めてはおられません。

そればかりか、「わたしはあなたを愛しています」とここで語られているのです。

そして、「あなたはわたしを愛しますか」とペテロに語られたのです。

主はペテロを助ける為に来られたのです。

主はお叱りになるのではなく、主はいつも私達を助けに来られるのです。

 

英国のCMS宣教団体がバークレー・バックストンを宣教師として日本に遣わすにあたって、任命書を彼に渡しました。

その任命書は3つのことが書かれていました。その要約を下に記します。

1.あなたの主なる働きは福音を知らせる事によってキリストを知らせることである。

  敵である悪魔はこのことから反らせようとして彼の力の限りを尽くすであろう事を覚悟せよ。

2.それは神の働きである事を記憶せよ。聖霊の能力に於いてする以外は、何事もなされ得ない。   「読むこと、勧めること、教える事に心を用いよ。」

人の知恵の教える言葉でなく、御霊の教える所をもて語らなければならない。

3.暗黒の主権者の領分に侵入することによって、あなたは彼に挑戦する。この挑戦こそ効き目がある。御霊によって歩むことによってのみ、あなたは肉に打勝つであろう。

求めることは聖意に適う事であることを知り、従って求める所は之を得たることをも知るべきである。

 

バックストンは聖公会の牧師でしたが、日本に来た時に、超教派としてあらゆる団体に弟子を遣わして日本にリバイバルが起こされて行ったのでした。

バックストンは聖潔(きよめ)を語ったのではなく、聖潔を見せたと言われています。

伝道隊の学校の生徒であった向後昇太朗師はある牧師に躓いて学校を辞めると言い出した時に多くの先生方が来て、彼を説得し、説教をしに来ました。しかし、彼の心は変わらなかったのです。そしてその夜、誰かが又部屋の戸を叩いたのですが、彼は「又誰かが説教しに来たのだろう」と思って無視して応対しませんでした。明け方、部屋の戸を開けて廊下を見たら、そこに堀内文一師が部屋の外の廊下に座って一晩中、自分のために祈っておられた姿を見た時に、彼は主イエスも私のために執り成しておられることを知ったそうです。そして彼は悔い改めて、牧師になり、聖書学校の舎監と副校長を務められました。

イエスはペテロに教えられたことは謙遜と愛を持ってお互いに仕えることを語られたのでした。私達が主に近づくときに様々な問題や悪魔からの妨げがあるかもしれません。

世に勝つ勝利は我らの信仰です。主があなたを愛し、あなたのために執り成しておられることを、そしてあなたを守り、あなたを助けられるお方であることを信じましょう。そしてその愛をあなたは人々に告げる使命が与えられているのです。