あらゆる慰めを与える神

2013年9月8日の礼拝説教要約

聖書:コリント人への手紙 第二 1:3‐4

説教動画Part1 説教動画Part2
※視聴したい画像をクリックすると別ウィンドウで動画が表示されます

1:3 私たちの主イエス・キリストの父なる神、慈愛の父、すべての慰めの神がほめたたえられますように。1:4 神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。

私達がどのような苦しみにあうときにもそこには必ず助けがあることを知らなければなりません。それではどのような助けがあるのでしょうか。私達の弱さを理解して、どのような時にも私達の側にたってとりなして下さる主をしることが大切です。
主はあなたの味方なのです。そして主はあなたを助けるためにいつも私達のそばにおられるのです。このことを知って下さい。

主は私達の弱さも欠点も失敗もすべてご存じで私達を無条件で受け入れて助けられるお方なのです。私達は何事もありのままで問題を打ち明けることが出来るのです。一人で悲しまないで下さい。主とお話ししてください。そして、主が語られる言葉は恵みの言葉なのです。主は私達を責められることはなさいません。主は私達の足りないところをご存じで私達に助けの手を延ばされるだけではなく、私達に失敗を通して学ぶことを願われておられるのです。主に感謝しましょう。