「 御霊が諸教会に言われることを聞きなさい 」

2020年11月1日の礼拝説教要約

「御霊が諸教会に言われることを聞きなさい」2020年11月1日礼拝メッセージ堀内友幸聖書:ヨハネの黙示録2章11節                                                                                           一 七つの教会を非難するのでなく、勧告を与える為             二 七つの教会を裁くのではなく、救い、立ち直らせる為           三 七つの教会に主のメッセージを伝える為、主が時代を超えて私達にもメッセージを伝える為

 

一 勧告を与える為 二 裁くためではなく、救い、立ち直らせる為
1 エペ

ソ教会

あなたは良く忍耐して、わたしの名の為に耐え忍び、疲れたことがなかった。しかし、あなたは初めの愛から離れてしまった初めの愛とは何よりも優ってマリヤのように主イエスの前に膝まづいて主の命の御言葉を聞くことである。なくてならぬものを第一にすること。

 

勝利を得る者に、わたしは神のパラダイスにある命のきの身を食べ›させよう。
2 スミルナ教会 あなたの苦しみと貧しさとを知っている。しかしあなたは実際に富んでいる。サタンの会衆である人達から、罵られている事も知っている。

あなたの受けようとする苦しみを恐れてはならない悪魔があなた方のうちのある人たちを牢に投げ入れようとしているあなた方は10日の間苦難を受ける。死に至るまで忠実でありなさい。

 

わたしはあなたに命の冠を与えよう。

勝利を得る者は、決して第二の死によって損なわれることはない。

3 ペルガモ教会 あなたは、わたしの名を堅く保って、わたしの忠実な証人アンテパスがあなた方のところで殺された時でも、わたしに対する信仰を捨てなかった

しかし、バラムの教え(偶像礼拝と不品行)、ニコライ宗の教(グノーシス主義の分派)に従っている者がいる。悔い改めなさい。

勝利を得る者に隠れたマナを与える。

彼に白い石を与える。その石には、添えを受ける者の他は誰も知らない、新しいなが書かれている。

4 テアテラ教会 あなたの行いとあなたの愛と信仰と奉仕と忍耐を知っており、あなたの近頃の行いが初めの行いに優っていることも知っている。

イゼベルという女預言をなすがままにさせているこの女がわたしの僕を惑わして、不品行を行わさせている。悔い改めなさい。

 

勝利を得る者、最後までわたしの技を守るものには、諸国の民を支配する権威を与えよう。

彼は鉄の杖を持って土の器を打ち砕くようにして彼らを治める。わたし自身が父から支配の権威を受けているのと同じである。彼には明けの明星を与える。

5 サルデス教会 あなたは生きているというのは名だけで、実は死んでいる。目を覚ましなさい死にかけている他の人達を力づけなさい。

あなたがどのようにして受けたか、また聞いたかを思いおこして、それを守り通し、かつ悔い改めなさい。

勝利を得る者は、このように白い衣を着せられる。彼の名を命の書から消すようなことは決してしない。わたしは彼の名をわたしの父のみ前と御使たちの前で言い表す。
6 ヒラデルヒヤ教会 あなたは少ししか力がなかったにもかかわらず、わたしの言葉を守り、わたしの名を否まなかった。全世界に臨もうとしている試練の時に、あなたを防ぎ守ろう。わたしはすぐに来る。あなたの冠が誰にも奪われないように、自分の持っている者を堅く守っていなさい。

 

勝利を得る者lを、わたしの神の聖所の柱としよう。彼はもはや決して外に出て行くことはない。彼の上にわたしの神の御名とわたしの神の都、すなわちわたしの神の元を出て天から降って来る新しいエルサレムの名と、わたしの新しいナトを書き記す。

ラオデキア教会

あなたは冷たくもなく、熱くもない。なまぬるいのであなたを口から吐き出そう。

あなたは、自分は富んでいる、豊かになった、なんの不自由もないと言っているが、実は、あなた自身が惨めな者、憐れむべき者、貧しい者、目の見えない者、裸であることに気がついていない

富む者となる為に、わたしから火で精錬された金を買い、また、あなたの裸の恥を晒さない為身に付けるように、白い衣を買いなさい。

全てわたしの愛している者を、わたしは叱ったり、懲らしめたりする。だから、熱心になって悔い改めなさい。見よ、わたしは戸の外に立って、叩いている。誰でもわたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしはその中に入って彼と食を共にし、彼もまたわたしと食を共にするであろう。

 

勝利を得るものを、わたしとともにわたしの座に着かせよう。わたしが勝利をえて、わたしの父とともに父の御座についたのと同じである。

三 メッセージを伝える為

耳ある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。2:11

1「生まれながらの人間は、神の御霊に属することを受け入れません。それらは彼には愚かなことだからです。また、それを悟ることができません。なぜなら、御霊のことは御霊によってわきまえるものだからです。」(第一コリント2章14)

2 聖霊によるのでなければ、だれも、「イエスは主です。」と言うことはできません(コリント第一12:3)。私達キリスト者は聖霊の声を聞いてキリスト者になったのですから、誰も「聖霊を知らない」と言うことはできないのです。

3 私達が弱い者、罪の中にあってどうしようも出来ない者、無力な者、罪人の頭であること、悪魔と罪と死の奴隷であること、聖霊の声を聞こうとしないほど傲慢であることを語ってくださるのである。

聖霊は七つの教会の足りないところを語られておられるのです。あなたは初めの愛から離れてしまった。悪魔があなた方のうちのある人たちを牢に投げ入れようとしているバラムの教え(偶像礼拝と不品行)、ニコライ宗の教(グノーシス主義の分派)に従っているあなたは生きているというのは名だけで、実は死んでいるあなたは冷たくもなく、熱くもない。なまぬるいこと実は、あなた自身が惨めな者、憐れむべき者、貧しい者、目の見えない者、裸であることに気がついていない主イエスが戸の外に立って、叩いていることを私達が知らないことを教えて下っておられる。

 4 わたしが父のもとから遣わす助け主、すなわち父から出る真理の御霊が来るとき、その御霊がわたしについて証しします。ヨハネ15:26

6 キリストは神の御姿である方なのに、神のあり方を捨てられないとは考えず、7 ご自分を無にして、仕える者の姿をとり、人間と同じようになられました。人としての性質をもって現れ、8 自分を卑しくし、死にまで従い、実に十字架の死にまで従われました。」ピリピ2:6−8

ご自身が神である主イエスが人間の肉体をお取りになって私達の所に来てくださったのです。主イエスはご自分を無にして、僕の像をとって私達の内に住んでくださったのです。

十字架の死にまで従がわれました。主イエスは何という謙遜なお方だったのでしょうか。父なる神、御子イエス・キリスト、聖霊なる神の働きを見ることできます。天のお父様の御心を行う為に、全人類の為に十字架に掛かり、悪魔と罪と死から、人類を解放してくださったのです。謙遜である主イエスの内に聖霊が宿ってくださって、主イエスを死から甦らせた聖霊によって、私達の死ぬべき体をも生かしくださるのです。

5 聖霊が主イエスの内に満ち溢れたように、私達の内に満ち溢れる為