「栄光から栄光へと主に似た者とされる恵み」ビクトリア日系人教会 石黒 豊 牧師 2020年10月4日礼拝メッセージ

2020年10月4日の礼拝説教要約

「栄光から栄光へと主に似た者とされる恵み」 ビクトリア日系人教会 石黒 豊 牧師

聖書:コリント人への第二の手紙 3章18節

一 グレードアップの信仰

二 日々きよめられる私達の歩み

三 主と同じ姿に変えられる祝福

「栄光から栄光へと、主に似た者とされる恵み」要約

第Ⅱコリント3章18節

3:18 私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。

【グレードアップの信仰】、【日々聖められる私達の歩み】、【主と同じ姿に変えられて行く祝福】、についてご一緒に学んで行きましょう。

私達の進んで行く信仰の歩みには、「新生」「聖化」「栄化」という3つの山がある

のです。

1、「新生」義認とも言います。【過去になされた救いです。】これは、イエス様を受け入れた時に義とされた救いです。神様との関係が正され、罪責からの解放を得たという事です。義認は、福音を受け入れた瞬間に起こります。

2、「聖化」今、私達は「聖化」の中に生きています。これは、【現在進行形の救いです。】聖化とは、罪の力からの解放です。信仰によって義とされても、内面には罪の性質が残っています。それが処理される為には、長い時間がかかります。

3、「栄化」これは、【未来形の救いです。】つまり、聖化が完成した状態が、栄化です。

1、新生の結果

私達が神様に受け入れられる為には、新しく生まれ変わる必要があります。この生まれ変わりは、教育や道徳、修業や良い行いによって自分を変える事とは違います。生まれつきの私達はどんなに自分を磨いたとしても、その性質を変える事はできません。

≪黒い石を磨いても白くはなりません。黒光りするだけです。≫

では、イエス様を信じて生まれ変わったなら、どうなるのでしょうか。生まれ変わった人は、少なくても、三つの新しいものを神様から受けます。「新しい立場」「新しい身分」そして「新しい性質」です。

 まず、「新しい立場」ですが、

* これは罪が赦され、神様の前に正しい者とされる事です。嬉しいです!

* ですから、生まれ変わった人には、イエス様が勝ち取って下さった罪の赦しが与えられ、神様の前に立つ立場が与えられるのです。感謝ですね!

■ 次に「新しい身分」ですが、

これは神様の子としての身分の事を言います。

私達は、以前は罪の奴隷でした。しかし、生まれ変わる時には、神様の子として生まれるのです。キリストを信じる者は神様の力によって生まれ、神様に愛され、神様のものとされ、神の国を受け継ぐのです。

■ 生まれ変わった者は、さらに「新しい性質」を持ちます。

* 「立場や身分」はどちらかといえば、私達の外側のものですが、「性質」と言うのは私達の内側のものです。

* キリストを信じる者は、その内面、その性質まで新しくされるのです。

* 汚れた者が聖められ、新しい性質が与えられるという事で、初めて、罪からの救いが成就(じょうじゅ)するのです。

2、新生と聖化

聖化とは、【現在進行形の救い】【グレードアップの信仰】、【日々聖められる私達の歩み】、【主と同じ姿に変えられて行く祝福】でしたね。

* 「聖化」あるいは「きよめ」と言うのは、私達に与えられたこの【新しい性質】が成長していく事です。

* それが「きよめ」と言われるのは、新しい性質が成長していくにつれて、私達が、罪の腐敗性から救われ、より【聖く】なっていくからです。

■ 私達は、新生の恵みによって罪を赦され聖化の恵みによって罪の力に打ち勝ちます。■ 新生の恵みによって神の子とされ、聖化の恵みによって神の子らしくなっていくのです。

≪ここで、注意して頂きたいのは、≫

新生があって初めて聖化があるという事です。

【新生は霊的な誕生】、【聖化は霊的な成長】なのですから、生まれ変わりがあって、初めて生まれ変わった新しい性質の成長がそれに続くのです。誕生がなくて成長があるはずはありません。

あたりまえといえばあたりまえなのですが、私達は、時々、このあたりまえの事を見落としてしまう事があります。

* 「私が罪に負けず、きよい人間になれたら、神は罪を赦して下さるだろう。」

* 「少しは、神の子供らしいふるまいができるようになったら、神の子にして頂けるだろう。」考えている人が、意外に多い様に思います

* 頑張って正しい生活をしたら天国に入れるだろう。

≪こう考える人は、新生と聖化の順序を間違えている様に思います。≫

3、聖化と信仰

≪聖化に進むにはどうしたら良いのでしょうか?≫

【聖化に進むにはまず第一に】

私達は、神様が私達に聖くある事を望んでおられるという事を知る事です。

■ 神は、エジプトから導き出してご自分の民としたイスラエルの民に

レビ11章45節

『あなたがたは聖なる者となりなさい。私が聖であるから。』と言われました。

「強くなれ、大きくなれ」とは言われませんでした。神様を信じる者達にはさまざまな性質が求められ、神様の民にとって一番大切なものは、聖さなのです。

* 神を信じない社会では、世の中で成功する為には、少々汚い事にも手を染めなければならない、時に嘘も必要だと考えます。「聖さ」などと言うものは、邪魔になると考えられてます。

* 「愛」や「親切」、「忍耐」や「寛容」といった気質は喜ばれますが、「聖い」事は煙たがられます。

 しかし、神様が、神の民に求めておられる第一の事は「聖さ」です

【第二に聖化に進むには】 自分を神様に捧げ、従う事です。

■ 神様は私達に仕えて下さいました。イエス様は私達の為に死んで下さった。

■ 今度は私達が素晴らしい神様に仕える番です。今度は私達がイエス様にあって自分を捧げる番です。

■ 「私の為のイエス様」ばかりでなく、「イエス様の為の私」目覚め、自分を捧げていく時、私達は聖めに進む事ができます。

【第三に聖化に進むには】 聖化のゴールを見失わない事です。神様は言われました。

* 聖化とは、罪から離れる事ですが、単にあの事、この事をしないという消極的なものではありません。

* また、クリスチャンらしくなるとか、誰か立派なクリスチャンを見習うという事でもありません。

*「栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。」とある様に、私達のゴールは神様に似たものになる事です。 

【エペソ2章10節】 にこう書かれています。

私たちは神の作品であって、良い行いをする為にキリスト・イエスにあって造られたのです。』

* 「私達は神様の作品」であるとあります。ある牧師が「私達は製品ではない。神様の大切な作品、神様のマスターピースである。」と言っていますがその通りですね。

≪主は必ず成して下さいます!その信仰によって、私達は聖められ、聖化されるのです≫

主に似た者とされるのです。

【第Ⅱコリント3章18節】

『私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら

栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。』